世界起業家列伝

世界の起業家がどのような人なのか書いてみたいと思います。
ホームボタン

世界の起業家を紹介します。

世界には、起業家がたくさんいます。その中でも、飛びぬけた成功をおさめたような人は成功者とも呼ばれています。実際に、起業家の伝記などを読んでみると、様々な事が分かってくるのです。まず、成功者と言えども、失敗をしています。
さらに、人によっては、それが治っていなくて、同じ失敗をまた繰り返してしまう人もいるようです。しかし、成功者と言える人たちは失敗をしても挫けたりはしません。もちろん、失敗して財産を失った時は落ち込んだりもしますが、さらなるパワーアップをして帰ってくる場合が多いのです。
彼らは基本的に打たれ強いとかそういう風にも感じました。尚、成功者は諦めないと言われていますが、実際には諦めて方向転換をしたような起業家もたくさんいます。
方向転換して成功をおさめたような人もいるわけです。これらの事は、自分にあった正しい道を見つける事で成功しているようにも思えました。
この起業家列伝では、成功者がどのように失敗して、成功しているのかをチェックしてみたいと思いました。独自の見解や評価なども見てみたいと思います

建前と本音を忘れてはいけない

起業家で成功者の言葉が色々とあります。
しかし、もちろん、成功者と言えども本音と建て前はあるのです。ここを忘れてしまう人がいて、成功者の言う事をいくら聞いても、収入も増えないし自由な時間も作れないと言った事が起きてしまいます。
例えば、自分が成功した原因を聞かれた時に、「謙虚な心を持つ事だ」と成功者が言ったとします。そして、自分は会社に言って、謙虚に上司の話を聞いて、夜遅くまで仕事をしているのに一向に収入が増えないと言った事態になる事は珍しくありません。
当たり前ですが、謙虚になるにしても、どこで謙虚になるかは非常に重要です。あなたの上司が、文句も言わずに仕事をしているので仕事をどんどんと振ってきます。
便利がった使っている状態です。さらに、上司の方はあなたを評価する気が一切ないとします。使い捨てで考えている場合です。このケースだと謙虚であればあるほど、あなたは成功に遠ざかります。
何故なら、謙虚になる場所をわきまえていないからです。謙虚に頑張ってやっていれば、見ていてくれる人は必ずいる。と思うかも知れません。
しかし、ドラマであればそういう人は必ずいて大抜擢されるかも知れませんが、普通の会社員では中々そういうケースもないでしょう。上司との相性なども確実に存在します。

マインドセットなどは言うつもりもない。

起業家列伝では、マインドセットが大事だとか、そういう事は言ってしまう場合もあるかも知れませんが、基本的には言いたくありません。
何故なら、プラス思考が大事だとか、そういう事は実践できているかは別として、多くの人が分かっているのではないでしょうか?それに、起業家というのは基本的にマインドセットは全員が出来ているのではないかと私は思っています。
それを語ってしまうと、全員に似たような事を書いてしまいページを割いてしまう可能性があるからです。
あと、ビジネス塾などに入ると、稼ぐためのやり方を教えてくれるところがあります。ひどいところになると、マインドセットばかり言われてしまうわけです。稼げない理由は、自分の塾のノウハウのやり方が悪いのではなく、マインドセットが出来ていないからだ。
つまり、ノウハウは完璧だけど、あなたの心に問題があるとか、そういう風になっているビジネス塾もあると言われています。そういう塾を批判するつもりはありませんが、マインドセットだけではなく、きちんとした稼ぐ方法があってこそ、ビジネスは成功できるし成功者になれるのではないかと思っています。

起業家であっても性格は皆違う

成功者と言うと、温厚な性格だとかそういうイメージがないでしょうか?実際に、怒る事は悪だと思っている人もいるようです。
怒れば冷静さを無くしますし、相手の思うつぼだと考えてしまう人もいるようです。成功者と呼ばれる人たちが、本当に温厚な性格をした人ばかりなのでしょうか?実際に観察してみると、かなり切れやすい人も数多くいます。日本で有名な経営者と言えば、松下幸之助さんではないでしょうか?松下電器という名称が無くなってしまったので、現在で言えばパナソニックを作った人です。
多数の書籍も出されていて「素直になるために」など、人間の本来持っている心の部分に関して、著した書籍も数多くあります。
しかし、実際の松下幸之助さんのエピソードで相手が失神するまで、怒り続けたというエピソードがあります。今で言えば、完全にパワハラですし、社会問題になりますよね。
これが世間に広まったらブラック企業扱いされる事でしょう。というか、失神するまで切れるような人の部下に私だったら絶対になりたくありません。
それに、海外ではスティーブジョブズやビルゲイツは怒りやすい性格をしていると言います。それを考えると、成功者と言えども、温厚な性格ばかりではない事が分かります。こういった、世間のイメージと成功者のギャップについては、詳しく書きたいですね。

起業家と言ってもやり方はみな違う

起業家と言っても、やり方に関しては、皆、違うと言う事が分かります。それぞれ、自分にあったやり方を見つけて成功しているように思えてなりません。
大統領選にも立候補したドナルドトランプは成功の秘訣を「ジェット機を所有して、高級車を何台も持ち成功者に見えるようにする事だ」と言っています。それに関して、IKEAを創業したイングヴァル・カンプラードは「節約する事が大事」と言っています。このように起業家と言っても考えている事は全然ちがうわけです。
お手本とする人を間違えるとやっぱり、人間は失敗するものだと私は思っています。

▲ Page Top

Copyright (C) 2016 世界起業家列伝 All Rights Reserved.